ジャズ

ジャズについて

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のエンディングテーマに使われたジャズのスタンダードナンバー「FLY ME TO THE MOON」の大ヒットは、ジャズをより親しみやすい身近な音楽にしてくれる出来事だったように思います。

ジャズには時代を越えて、世代を超えて、人々を惹きつける大きな魅力があります。

それはもしかしたら、アフリカに広がる大自然の鼓動からもたらされたリズムによるものかもしれません。

まさに本能的なところに響いてくるジャズという音楽は、これまでもこれからも、世界中の人々に愛され続けていくことでしょう。

ジャズという音楽

ジャズはアメリカ南部のニューオリンズから広まった音楽で、計算された変則的なリズムと、即興を含んだアーティスティックな演奏が特徴の音楽です。

それだけにジャズは同じ曲でも演奏者によって様々なイメージに変化していきます。つまりジャズは、演奏者が自分なりのパフォーマンスを自由に表現しやすい音楽なのです。

そんなジャズは、今ある音楽の多くにも様々な形で受け継がれています。

日本のジャズ

ジャズは戦後の日本において、アメリカ音楽の象徴として、戦前よりいっそうの勢いで広まっていきました。

その頃から日本でも素晴らしいジャズミュージシャンが次々と登場し、ジャズは日本にもすっかり定着すると共に、その後の音楽にも素晴らしい影響を多く残し続けています。

ジャズ